デジタル全盛の時代となった今でも、いろいろな理由で完全デジタル化できない(写植版下〜アナログ製版時代)フイルム修正のご依頼がたまーにあります。

デジタル全盛の時代となった今でも、いろいろな理由で完全デジタル化できない(写植版下〜アナログ製版時代)フイルム修正のご依頼がたまーにあります。
 
オフポジは製版ポジフイルムの切り貼り修正、オフネガは、ストリップ修正(材料在庫限りの対応)の材料になります。
 
どちらの修正方法も、製版業なら当たり前に行っていた業務ですが、版下データが完全デジタル化(CTP化)するか、製版フイルムの製造が終了したら対応できなくなります。

アナログ製版しか残っていない印刷版をお持ちの場合は、デジタル化は急務ですね。